今日曇り、あした晴れ

私が職場で熱中症で救急搬送された後に、パニック障害、PTSDへとなり退職するまでの道のり

熱中症②

救急車の中でしばらく搬送先を探しているのか、なかなか出発しない。

何分経過したか分からないが、やっと搬送されました。

病院に着いた後、すぐに体温と血液検査、そしてレントゲン撮影。

その後、点滴を入れて処置室で寝かされる。
体の硬直はまだ強く残っていて、間接を伸ばすことはまだまだ出来ない。

2時間程でしょうか、点滴1本が終わり看護師から状態を確認されるが、
まだ、手足、頭の痺れが残ってることを伝えたが、帰宅してポカリスエットを飲んで水分補給して下さいと言われ、
付き添いで来ていた、会社の課長と、一旦会社に戻る事になった。